2020年4月15日水曜日

舞台『Voice in the Wind』期間限定、無料配信します!

命展代表うさが率いる劇団Sol.星の花からお知らせです。

舞台『Voice in the Wind』期間限定、無料配信します!

舞台『Voice in the Wind』(京都府民ホール ALTI 公演)を、コロナウィルスが落ち着くまでの期間限定で、 YouTubeにアップします!
【期間限定の無料配信】です。 
たくさんの人に観ていただけたらと思います。 

新型コロナウイルス感染拡大抑制のため、不要不急の外出自粛が、今後長く続くように感じています。 
心が荒んでしまいそうな今だからこそ、舞台『Voice in the Wind』をたくさんの方に観てほしいと思いました。  

家にいる時間…自分の心と向き合うことができる大切な時間を与えられているような気がします。 
どんな時でも、全ての命に対して思いやることのできる豊かな心を持つことができたら、やさしい世界につながっていくと信じています。 

★『Voice in the Wind 〜その声が聞こえますか〜』 

会場:京都府民ホールALTI(2018年) 
上演時間:約2時間 

脚本/演出 うさ  

《助けを求める声が、風になって吹いている。 誰にも届くことのない声たちは、やがて嵐になって永遠に吹き続けるんだ。》 

 このお話は、助けることができなかった命たちから生まれたお話です。 

どうぞ、何度でもご覧ください!!

★舞台『Voice in the Wind』 

▶︎スマートフォンからご覧になる場合はこちらから
▶︎パソコンの場合は下の動画からご覧いただけます。

********************
 【劇団Sol.星の花HP】 https://starflower.amebaownd.com/ 

2020年3月23日月曜日

「ぼくは海になった」重版のお知らせ

嬉しいお知らせが届きました。
絵本『ぼくは海になった』(くもん出版)が、6回目の重版となりました✨


今回から、私のプロフィールに、先月毎日新聞出版から発売された「災害で消えた小さな命」も追加されてました!


⭐️絵本『ぼくは海になった』くもん出版 作・絵うさ
Amazon

⭐️ドキュメンタリー書籍「災害で消えた小さな命」
Amazon

どちらも、たくさんの人に読んで欲しいです。
まだ、ご存知ない方、是非読んでいただけたら嬉しいです❗

2020年3月11日水曜日

東日本大震災から9年

東日本大震災が起きて9年経ちました。
毎年この日になると、テレビはどこのチャンネルを回しても、あの日の映像が流れてきます。
「災害で消えた小さな命」の本の取材で、昨年、被災された飼い主さんにお会いしました。その時に言われた言葉が忘れられません。

「毎年3月11日になると途端にあの日の映像を流し出す。その度に私たちは、あの日に引き戻されるんです。引き戻される理由は、津波の映像を見るからじゃありません。あの日から大切なことが何も変わってないから引き戻されてしまうのです。少しでも動物たちの命が救われる世の中に変わってくれたら、私たちはあの日に引き戻されるのではなく、前に進もうと思えるのです」

先月、毎日新聞出版からドキュメンタリー書籍「災害で消えた小さな命」を出しました。
この本の中には、亡くなった動物たちの絵や、動物たちや飼い主さんの物語、人の命も動物の命も助けることができる避難所の形などが書いてあります。







🌟「災害で消えた小さな命」毎日新聞出版 うさ著 

私は全ての命を大切にできる世の中に変えていきたいです。

*Amazon
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4620326208/hanmotocom-22

*楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16179647/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_101_0_0

*ヤフーショッピング
https://shopping.yahoo.co.jp/search?tab_ex=commerce&di=off&cid=10002&va=9784620326207&sc_e=afvc_shp_2122673

🌟「災害で消えた小さな命展」から生まれた絵本
『ぼくは海になった』くもん出版 作・絵うさ


*Amazon
www.amazon.co.jp/dp/4774322369

*楽天
https://books.rakuten.co.jp/rb/12693455/

全国の書店でもお買い求めいただけます。

2020年2月22日土曜日

うさ著 ドキュメンタリー書籍『災害で消えた小さな命』発売開始のお知らせ

本日2月22日、ニャン、ニャン、ニャンの日に『災害で消えた小さな命』(毎日新聞出版)一般発売開始しました!



「災害で消えた小さな命展」の活動から今日まで、うさが見てきた様々な出来事や伝えたい想いを、本の中に書き綴りました。

人も動物もみんな大切な命…

全国の書店でお買い求めいただけます。

以下のサイトからもご購入できます。
*Amazon
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4620326208/hanmotocom-22

*楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16179647/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_101_0_0

*ヤフーショッピング
https://shopping.yahoo.co.jp/search?tab_ex=commerce&di=off&cid=10002&va=9784620326207&sc_e=afvc_shp_2122673

2019年12月31日火曜日

今年もお世話になりました。

今年もたくさんの方々に大変お世話になりました。

災害が起きた時、人も動物も同じ大切な命として扱われる世の中になりますように…

来年2月には、毎日新聞出版より、ドキュメンタリー書籍が発売されます。

命展の活動や私の書籍が、優しい世の中につながって
いくことを祈りながら、今年を終えたいと思います。

来年もどうぞよろしくお願いします。


災害で消えた小さな命展代表  うさ


2019年11月5日火曜日

【京都に着きました。命展 複製画展 大阪】

大阪岸和田市、コペリトさんで命展と朗読劇があります。




昨夜夜行バスに乗り、早朝、京都に着きました。朗読劇の稽古を京都でするので、宿泊は京都です。
宿に荷物を置き、今、岸和田に向かってます。
今日、今から岸和田で命展の打ち合わせ、搬入、夕方は京都に戻り、東本願寺で絵本の打ち合わせ、夜は朗読劇の稽古です。
なかなかハードな1日になりそうです!

2019年10月12日土曜日

台風19号、千葉市ペット受け入れ可避難所について

代表うさです。
現在発表されている、千葉市内でのペット受け入れ可の避難所です。
https://www.city.chiba.jp/somu/bosai/20191011_19_7.html

今、問い合わせ先となっている、防災対策課に電話して確認しましたが、ペットの受け入れはしているが、飼い主とペットが同じ部屋にいられるかどうかは把握していないので、避難する方自身で避難先に問い合わせして確認してくださいとの回答でした。
家族である動物たち、こんなときなおさら一緒にいたいはずです。
避難される方は、問い合わせして確認してください。

千葉市にペット受け入れ可の避難所ができていることは進歩です。でも、受け入れは犬猫のみ、とあります。なぜ???
日頃、大切な家族として一緒に暮らしている生き物たち…迎えた命は家族として生涯大切にしましょうと、学校の教育や、県や市や町の愛護センターでも言われているのに、なぜ、災害時になると線引きが始まるのか。
動物と同じ部屋では困る人もいます。だから、住み分けをすればいいだけ。
「ペットじゃない、家族です」
動物たちと一緒にいられる、『ペット同室避難』は当たり前のことです。
いろいろな家族の形があります。

もしも、避難先で受け入れ不可と言われたらすぐに引き下がらないでください。助かるために避難所に来たのですから。
「家族なんです!」と戦ってください。家族を守れるのは飼い主さんしかいません。

避難所で、ペット同室避難ができていたら、亡くならずにすんだ、人の命、動物たちの命がたくさんあったことを、私は東日本大震災で知りました。
家族である動物たちと一緒にいられないから、避難所に行ったのに家に戻ってしまった人、逃げ遅れた人、逃げなかった人…本当に本当にたくさんいたんです。
亡くなった人たちは、動物たちは、もう声をあげることができません。
だから、私は声をあげます。
今生きてるみなさんも、声をあげていって欲しいと思います。